キポログの2017年の年運講座 (オンライン講座)

新しい時代の幕開けとなる
2017年を生き抜くポイントとチャンスのつかみ方

この講座はzoom(ズーム)というWEB会議室のシステムを利用したオンライン講座です。
zoomの使い方は簡単です。インターネットにつながる環境があれば、パソコンやスマートフォンを利用して、誰でもご参加いただけます。

zoomの使い方

オンライン会議室なので気軽にご参加いただけます!

Q:オンライン会議室は簡単に使えますか?
使い方は簡単です。主催者から送られてきたアドレスをクリックすれば
すぐにオンライン会議室にログインできます。

Q:用意するものはありますか?
パソコンで参加する方は、
ヘッドセットとWEBカメラをご用意いただくと快適に参加できます。
スマートフォンで参加する方は、
ハンズフリーイヤホンをご用意いただくと快適に参加できます。
ヘッドセットやハンズフリーイヤホンがあると
部屋の雑音をおさえて自分の声だけを届けます。
講師の声や他の人の声を、室内にもらさず自分だけで聞くことができます。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270
ロジクール (2010-08-20)
売り上げランキング: 178

Q:自分の顔や部屋も他の人に見えてしまうの?
本来は、お顔が見える状態で、講座に参加いただくのが
コミュニケーションを取る上では望ましいのですが
どうしても顔を出したく無い場合は、
自分の画面をOFFにすることが可能です。
ご自宅の室内を人に見せたくない場合は、
壁を背に自分の顔を映していただくと室内は見えません。

Q:使い方が不安なのですが・・・
講座開始の30分くらい前から会議室に入れるようにしてありますので
自由にログインして使用感をお試しください。

オンライン会議室の詳しい使い方はこちらをどうぞ↓
zoomでつながるオンラインコミュニケーション
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12216995326.html
パソコンでzoomにログインする方法
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12217731157.html
スマホでzoomにログインする方法
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12219769424.html
zoomをスマホで快適に使う/ビジュアル編
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12221644056.html
zoomをスマホで快適に使う/サウンド編
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12221434830.html
スマホでzoomに顔写真を設定する方法
http://ameblo.jp/kippolog-web/entry-12228399975.html

このような方が対象です

2017年の世の中全体の運勢を知りたい方
自分の運勢を知りたい方
2017年のチャンスのつかみ方を知りたい方

期待できる効果

世の中の気の流れを知り、個人の運勢バイオリズムを知ることで、
運気の波に乗りやすくなります。

講座の概要

講座名 2017年の年運講座 (オンライン講座)
参加条件 どなたでも参加いただけます。
参加費 録画データなし/参加費:8,000円 5,000円
録画データあり/参加費:10,000円 7,000円
※当日はオンライン講座そのものを録画します。
主催 キポログ
最小催行人数 受講者が2人以上集まれば開催します。
申し込み期限 前日まで
用意するもの 筆記用具
配布物 PDF資料をダウンロードいただけます。
講師 長谷部矩子

新しい時代の幕開けとなる2017年を知る

気学の正式名称を九星気学風水。気学は天体学であり、東洋思想の原点です。
年運先読みセミナーでは、社会運勢学として大きな視点で見た、
社会全体と個人の1年の運勢をご紹介いたします。
2017年は一白水星(いっぱくすいせい)が中心の年です。
九つある星の中で一番最初を担当するのが一白水星ですから、
2017年はスタートや始まりや苦労が主要なキーワードです。
そして何より、一白水星は人間関係の意味を持つ星です。
年間通して、人間関係を良好にする事も全ての人にとっての大切なテーマです。
身近な人間関係、特に、恋愛や家庭内の人間関係が盛んになるでしょう。

水面下で時代の新しい動きが生まれ始めたのが今から9年前の2008年。
一白水星が中心の年でした。
この年は、北京オリンピックの開催年であり、
パラリンピックが注目され始めたオリンピックだった事も記憶している方も多いでしょう。
また、この年の9月といえば、
アメリカの大手投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻した リーマン・ショックもありました。
そして、アメリカでは初の黒人の大統領として、
バラク・オバマ氏がアメリカ合衆国大統領に当選しました。
今、振り返ってみると、旧時代と新時代を分ける1年だったと思えてなりません。
そしてまた、2017年。一白水星が中心の年がやってきますので、
具体的に目に見える形での新しい時代の幕開けの年となることが予想されます。

時代が変わる潮目の時、新しい気が始まる時、自分はどこにいて、何をすべきなのか?
ワクワクする人も、少し不安になる人も、思うことはいろいろあるでしょう。
しかし、水の流れが止まらずに押し流していくように、
時代の流れは私たちを動かして行きます。

宇宙の方向性に従い生きる

この世界は「天」「地」「人」という3つの気が交差して成り立っています。
天とは宇宙、地とは地球、人は生命。
その中でも、天の気は、全体の方向性を示すもので、宇宙の意思のようなものです。

2016年の天の気は、どんなものだったのか?というと、
陽の気を広げ、モチベーションを下げるな!です。
2016年は暗い気持ちを少しでも持てば、
その闇は深まり、未来が見えなくなる1年でした。
しかし一方で、これからの夢や希望を持って大きな事を考え、
明るくヤル気に満ちていたならば、
見えないはずの未来が遠くまで見えていたハズです。
大切なのは陽の気で、この陽の気こそ、
夢や希望であり、ヤル気とモチベーションだったワケです。
この陽の気は、2017年も継続して必要なものです。
2017年だけでなく2021年まで、
あなたが用意した陽の気がサーチライトのように未来を照らします。
2016年の間に高めていたモチベーションを大切に継続してください。

2016年はどんな年だったのか?

2016年は二黒土星(じこくどせい)が中心に座る年で、
この二黒土星には「母」「女性」という意味があります。
世界を左右するのは女性の在り方次第で、
女性の本来の役割と特徴でもある「受け入れ」「優しさ」「育成」が大切な一年でした。
身近な場所でも、同様の事がいえます。
2016年は、あなたの会社でも、出世する女性、役職を与えられる女性が
多くいたのではないでしょうか? そして、会社や組織や家庭の中でも、
そこに存在する女性の「母親の様な安定感」が大変に重要だったといえます。

女性の在り方が鍵を握る一年だった2016年は、やはり、女性の活躍に注目が集まりましたね。
日本では、東京都知事の小池百合子氏、民進党代表の蓮舫氏。
ドイツではメルケル首相、イタリア・ローマ市長のビルジニア・ラッジ氏。
イギリスではテリーザ・メイ首相、台湾では蔡英文主席。
ミャンマーのアウンサンスーチー氏。
政治の世界での女性の活躍が目立った一年でもありました。
一方で、韓国の朴槿恵大統領の問題もありましたが、
女性大統領という点、そして、影の実力者、昔からの仲間、という意味でも、
二黒土星のネガティブな面が表面化した事件です。

2016年は、世界の雰囲気が二黒土星の気で満ちていましたので、
二黒土星の気を持つものが注目を集め、活躍しました。
二黒土星は、大衆、土地、基礎、基盤、母、母子関係、労働、働き方、
老人、家庭、家庭用品、雑貨、雑誌、などの意味を持つ星です。
今年のNHKの朝の連続ドラマは「とと姉ちゃん」でしたが、
この番組のテーマは、まさに二黒土星の気でしたね。
家庭生活におけるささやかな喜びを大切にした雑誌作りをする話でした。
また、女性の働き方に関する制度改正の話題もあり、関心も強まりました。
TVCMでは、大衆の反感からタレントがキャスティングから下ろされ、
大衆の意思が社会に反映される場面もありましたね。
アメリカ大統領選挙でのトランプ氏の当選も、
メディアや、アメリカの外側にいる人達からは見えていなかった
アメリカという国の 労働者層の大衆の意思であると云えるでしょう。

生まれ星の居場所はどこか?

天の気である宇宙の方向性が確定しているように、
私たち生命体の方向性も指し示されています。
生命体は生まれた時に、その生命の気が決定します。
星という字は、日と生で構成されていることからも判るとおり、
生まれた年の星が自分という存在の気の全体を確定しています。

今、自分はどこにいて、何をすべきなのか?という疑問への答えは、
自分の生まれた年の星の立ち居地が今どこにいるのか?を知れば理解できるでしょう。
それが、九星気学風水、そして社会運勢学としての、運勢の見方です。

九星別の2016年を振り返ってみましょう

生まれた年で、本命(本質の気)が決定されます。
本命の星は、あなたが生まれ持った基本の気です。
本命の星がわからない場合は、本命星一覧にあるページを開いて、
生まれ年から自分の本命の星をみつけてください。

本命星一覧 >>

生まれた年の上下に書いてある九星が、あなたの本命の星です。
1/1~2/3の生まれの場合は、前年の生まれとしてみてください。
1年のスタートは2月立春からです。

2016年の振り返り

2016年のあなたの本命星が与えられていたテーマを確認してみましょう。
2016年のやり残しがある方は、2月節分までに精一杯、対応してくださいね。

2016年の一白水星

本当に好きな事をする絶好のチャンスの1年でした。どんな夢を叶えましたか?
この1年、発展と整いの気で満ちていたでしょう。
できるだけ行動範囲と人間関係の縁を遠くまで広げたい1年でもありました。
しかし、ただ待っているだけでは何も動きませんでしたね。
自分から、まだ行った事も無く見たことも無い世界に
飛び込んで冒険しなければ、
大きな成果は望めませんでした。
その冒険の成果は、やっと出始めた人も、まだ芽が出ていない人もいるでしょう。
途中であきらめてはいけません。この冒険の成果は時間がかかります。
方針を変える事無く強い決意で貫き通してください。
病気や悩みなど、何らかの理由で、行動的に過ごせなかった一白水星は、
自分の人生や生き方を見直すべき重要な時でしたね。

2016年の二黒土星

拡大発展よりも定着の1年。
今まで出会ってきた人達へとの関係を定着させましたか?
自分の周囲に面倒をみなければならない人が大勢いましたね。
面倒を見たり見られたり。
自分の周囲の人たちの夢を叶えるお手伝いをした二黒土星も多くいることでしょう。
2016年に自分の願いを通すために必要だったのは「素直さ」がある事。
入れる事より出す事を考え、相手を活かすために動くと、
周囲が応援してくれるようになり、
結果として周囲が二黒土星のために動こうとしてくれましたね。
家族や親族との関係も大切な1年でした。大事な話は家族に相談しましたか?
2016年から開始した資産の蓄積は、小額スタートであっても今後大きく増えてくるでしょう。

2016年の三碧木星

忙しく活動し、自分の能力を発揮して目標に向かって勝負する1年。
大きな成果を得ることができましたか?
自分が本当に得たかったものを獲得することができましたか?
責任も重く、自分自身の使命を認識した三碧木星も多かったでしょう。
上司や大物や目上や父親の応援を受けて目標を達成できましたね。
目上の人との関係は良好に過ごせましたか?
既婚女性の三碧木星は、夫との関係も非常に重要だった年です。夫婦関係は良好でしたか?
自分の向かう目標が明確になって、今までに無い大きな仕事にチャレンジした三碧木星。
忙しい中で「お願いします」「すみません」と頭を下げ、礼儀を重んじることも必要でしたね。
忙しさの中で、感情を落ち着かせることが必要な1年でした。

2016年の四緑木星

2016年のテーマは、悦び、引退、コミュニケーション。
周囲を楽しませ、喜びを分かち合う1年。
お酒の席や食事会の機会は多かったのではないでしょうか?
酔って「醜態」を見せてしまったり、飲みすぎたりしませんでしたか?
お酒に注意する事と同時に、男女関係・恋愛の問題も注意が必要でした。
人間関係に問題がある人は
この1年で全ての人間関係の問題を解決するチャンスでもありました。
自分の力で、人間関係を良好に修復することができる大切なタイミングです。
2016年は人を許すことができれば、今後の経済運が安定する流れの中にありました。
自分が恨みを持っている相手がいるならば、その相手を許し、
心のわだかまりを捨て、恨みを捨て、信じる事を選ぶことができたでしょうか?

2016年の五黄土星

人から言われた言葉を受け入れられず、何を言われても気に入らない。
自分が誰かに何かを伝えても、なかなか受け取ってもらえない。
ジレンマを抱えて進む中で、自分の人生は大きく変化しました。
その大きな変化の多くは、自分ひとりの変化ではなく家族に関係していました。
家族の変化によって、自分の動きが停止させられ、
何かをあきらめそうになった五黄土星も多いでしょう。
2016年は、やりたく無い仕事、行きたくない場所、
そういう自分が望まない変化こそが、新しい人生が始めるための最大のチャンスでした。
人生の大転換には自分の殻を破る事が必要で、
殻を破るためには、新しい事を学ばねばなりません。
変わる事が苦手な五黄土星が、自分の殻を破り、
新しい人生に必要な学びを始めようとする人生のターニングポイントが今年でしたね。
人生の停止と、人生の変化を受け入れる事で、
人生の基盤や基礎が大きく変わり、次の目指す目標が見えて来たハズです。

2016年の六白金星

どこにいても目立つ一年でした。頭脳活動が盛んでアイデアや発想のキレも良く、
能力を表に発揮できた人も多かったのではないでしょうか?
しかし、感情のアップダウンは激しくイライラしやすく、
感情が抑えられないこともあったでしょう。
2016年の感情的な対立、特に、目上との争いや背き合いは
運勢を崩してしまう可能性をはらんでいました。
感情的になれば不安が大きくなり、冷静になればチャンスが見え、知恵が活かせたので、
感情の折り合いを付けることができた人たちは大きなチャンスをつかんだかもしれませんね。
だからこそ、2016年は大きな勝負を仕掛けたい1年でもありました。
慣れ親しんだ世界から飛び出し、行ったことの無い場所に顔を出してみると、
求める仲間に出会える運勢にありましたので、
自分のテリトリーの外に冒険した六白金星は、素晴らしい縁を得たことでしょう。

2016年の七赤金星

七赤金星の2016年は、苦労の中にありました。
それは季節の循環のようなもので2016年は冬の1年。
だからこそ、2016年を、どう過ごすかによって今後9年間を左右します。
体調の優れない人、人間関係で悩まされる人、経済的な事で心配と不安を抱えた人。
それぞれの七赤金星が、人生の課題と向き合ったことでしょうね。
その中で、新しい事を始める決意をして、新しい事を始めた事による苦労があると、
抱えていた苦労と悩みは無くなったのではないでしょうか?
まったく新しい人生が水面下で始まっていて、それが表面化してくるのは2017年、2018年。
2016年は準備の一年だったといえますね。
そして、困難な状況にあっても、
自分の目指す道をどれだけ楽しめるか?という事を求められました。
言い訳は通用せず、何を言っても、誰からも信じてもらえない。
それでも自分が望んだ道を楽しむ姿勢が大切な1年でした。

2016年の八白土星

やってもやっても成果が出ない。褒められる事も無い。それでも自分の仕事をやりつづける。
そういう1年を過ごした人は多いことでしょう。
影役でありながら、全体をまとめる、重要なポジションを担っていましたね。
自分の身の回りで、人事の新旧交代があった人は、
不完全な人事の後始末をせねばならなくなった人もいるでしょう。
それをどうカバーするかが八白土星の役目でした。
人事だけでなく、生活基盤や、システム変更など
、新旧交代が行われていたケースもありました。
その役割は、かなり難しい役割で、重要だったハズです。
多忙さゆえに、強い口調で発言してしまったり、
権力で押さえつけようとすれば、人生の全てを失いかねません。
だからこそ、人に嫌われない事、仲間と仲良くする事、
家庭がまるくおさまる事が、大切な1年でもありました。

2016年の九紫火星

物事が本格的に動き始めた2016年は忙しく活動的でした。
周囲から必要とされて、あちこちから声が掛かかりましたね。
明るく前向きな気持ちで過ごせた九紫火星も多いでしょう。
成果はまだ無いけれど、新しい事を開始したり、
たくさん活動することで物事は発展上昇の流れに乗る1年でした。
明るくみんなを引っ張る役割で、九紫火星が笑顔でいれば周囲がまとまる1年でしたね。
応援してくれる人もたくさんいました。
2016年は、過去、数年来の悩みの問題解決ができる最大のチャンスの時もありました。
それは、独りで抱えていた表に出したくない問題でしたが、
何度も何度も、考えて、話し合い、挑戦し、
やっと本格的に折り合いを付けて解決するという年でした。
問題がなかなか解決せず、相手の態度や、動いて欲しい時に相手が動いてくれなくて、
イライラして不機嫌になることもありましたが、
2016年は、機嫌よく明るく過ごす事が大切な1年でした。

講師紹介

長谷部 矩子 (Noriko Hasebe)

キポログではおなじみ、サイト管理者であり主催者です。こんがらがった情報を整理して伝える事を得意としており、関わる人全てを前向きに前進させる心意気で 講師を勤めさせていただきます。気学に出会ったのは2007年1月。それ以来、気学の学びを追求し、その面白さを伝える事を使命としております。
長谷部 矩子 ブログ >>

全7回☆無料ステップメール 「初心者さんのための気学の基本」購読申し込みはこちら >>

PAGE TOP ↑